blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    今日の名言
    0
      2011/8/12の名言


      リスクを冒して失敗することは
      20代でできる、いちばんの財産です。

      将来、「目を見張るような活躍」をするためには、

      「目を覆うような失敗」を恐れないことです


      @20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)より

      | ムツタカ | 学び・気づき | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      『成功者の行動はいたってシンプル』
      0
        JUGEMテーマ:今日のキーワード
         

        皆さん、こんばんは。
        今日は神戸にいます。

        昨日と今日と神戸で開催している勉強会に参加しております。


        そこで学んだことを一つまずはお伝えします。


        「シンプル」


        このキーワードは成功者につながる大きなワードです。


        私はどちらかというと、物事を複雑に考えがちで、どこか言い訳染みた言葉を言って、
        できることをできないと位置づけてしまう癖があります。

        ですが、今日講演された数々の方の話を聞いていると、考え方はいたってシンプル!

        「月収100万取るのに必要なことが、○○だったら○○するだけ、それもすぐに!」

        私だったら、○○するには××といったことも考えないといけないし、難しいな〜と
        結局行動に移せないでいますが、
        成功者の方々はすぐに行動してしまうんです!


        物事を複雑に考えて、行動しないことことが罪。

        自分のビジョン(目標)を明確にして、達成のために必要なことを
        とことん、一つ一つ確実に、しかもスピーディーに実行すること。

        これを徹底されていると強く思いました。


        加えて、以下の行動パターンも教えてもらいました。

        【通常】
        Have ⇒ Do ⇒ Be

        私達の多くは、まず、実行に移すために必要なものを手に入れてから、実行に移そうとする。所持したあとに実行し、目標達成をしようとする


        【成功者】
        Be ⇒ Do ⇒ Have

        成功者の方々は、とにかく自分のビジョンをより具体的にします。
        まず自分はどうなりたいのか、どうしたいのかをとことん突き詰めて、
        そして必要なことを即実行する。

        その結果、彼らは持つべきものを持つことになる。
        成功者は初めにいろいろ持っているから、実行でき、ビジョン達成ができているわけでは
        ないようです。



        とても勉強になりますね。
        とくに上記の行動パターンは痛感させられます。
        どうしても、お金がたまったら、語学力が得られたら、道具がそろったら、と
        いろいろ準備に時間をかけたがります。
        ですが、その結果、目的達成はできているでしょか?

        準備している中で、なかなか目的のものを手に入れられないので、
        ビジョン達成もあきらめていませんか?
        まだ、行動も起こさずしてです。

        これは本当に持ったいないことです。
        なぜなら、成功者は必要なものを所持して行動できたのではなく、
        行動して所持につながったからです。


        まずは「行動」!!!


        今日は本当に重要なことを学びました。

        | ムツタカ | 学び・気づき | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        『円の別の読み方』
        0
          JUGEMテーマ:今日のキーワード
           

          皆さん、こんばんは。
          本当に暑いですね。昨日行った長野ですが、とても涼しかった・・・は涼しかったのですが、
          最高気温40℃となったときはさすがに萎えました。
          本当に異常な気温です。


          そんな中、ある本を読んでいまして、そこで素晴らしい言葉を目にしたのです。

          「円には別の読み方があるんだよ?」

          え!?
          円に別の読み方?


          読み進めていくと・・・

          「円の別の読み方はありがとう」なんだ。とのこと。

          ???

          話をしっかり読まないとわからない、この言葉。
          しかし、この言葉はとても重要な考えだと思いました。

          ビジネスを行う上で、人生を豊かに過ごす上で、
          人としてつまらない人間にならないために

          私はこの言葉が人生のキーワードではないかと思ったのです。

          本の名前は「君と会えたから・・・


          後でまた、書評を書きますが、
          本書は知人が勧めるだけあって、とても素晴らしい一冊です。
          | ムツタカ | 学び・気づき | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『あなたの仕事は志事?』
          0
            JUGEMテーマ:今日のキーワード
             

            皆さん、こんばんは。
            昨日は久しぶりに読んだ本「ユダヤ人大富豪の教え」シリーズをご紹介しました。

            今日は先日参加したセミナーで素晴らしい学びをいただいたので
            共有したいと思います。


            =========================

            シゴトにはいろんなシゴトがあるよね。
            そもそも「仕事」は昔、人に仕えることが生業だったため、そういう漢字が
            当てはめられたけれど、
            現在は決まってその漢字通りのシゴトを行っているわけではないです。

            もちろん、仕えることを生業としている「仕事」もあります。

            ほかには・・・

            死んだように無気力ながら行う「死事」があって

            公私混同で自分の我儘で行う「私事」があって

            会社には行くけど、大したことをせずただボーと過ごすだけの「止事」があって

            志を強く持って日々励む「志事」がある



            あなたは今どのシゴトをしてますか?
            または、どんなシゴトをしたいですか?

            望めば与えられん!
            まずは自分のシゴトについて見つめてみよう

            =============================


            素晴らしいと思いませんか?
            私はとても感銘を受けました。

            そして同時に自分のシゴトはすべて「志事」でありたい。
            「志事」をやり続けたいと思いました。

            皆さんはどうでしょうか?
            | ムツタカ | 学び・気づき | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            『成功の9ステップ〜セミナーに参加して』
            0
              JUGEMテーマ:今日のキーワード


              皆さん、こんばんは。
              まだまだ、社会は回復までに時間がかかりますが、
              がんばっていきましょう!



              さて、今日もあるセミナーに参加して来ました。
              今日のセミナーは渋谷で開催され、19:00〜22:00までの
              長丁場でした。


              内容が気になりますよね。
              それはタイトルにもあるとおり、「成功の9ステップ」のセミナーです。

              タイトルを見て、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
              「成功の9ステップ」はジェームズ・スキナー著の本があります。

              成功の9ステップ
              成功の9ステップジェームス・スキナー

              幻冬舎 2004-02-26
              売り上げランキング : 2685


              Amazonで詳しく見る
              by G-Tools



              本の表紙に顔がどどどーんと載っているので、
              著者もどんな方かお分かりですね。
              とてもエネルギッシュで、貢献心が強い方です。


              その方が考案する「成功の9ステップ」
              その一端を見ることができるということで、今回のセミナーに参加してきました。

              3時間という長時間を無料で学べるということで、
              とてもワクワクして行きましたが、予想以上に楽しく、学びが多かったです。


              そんな学びを皆さんとも共有したいと思います。



              ========================================

              【学びその1】

              成功したければ、成功者のマネをしよう!
              でも、ただマネだけしても成功しないのが現実。

              マネをして成功するためには「結果をもたらしているピンポイントのもの」を
              見つけること。

              そのピンポイントとは「違いをもたらす違い」

              成功している人と成功しない人を比べた時、
              共通するところもあると思います。
              マネをすべきところはその共通部分ではなく、成功者のみ持つ部分を
              探して、まさにそのピンポイントをマネることが重要!




              【学びその2】

              状態=感情
              その管理、つまりはプラスな状態にすることが成功への道


              プラス思考とはよく言いますよね。
              でも、本当にそれが重要なんです。

              では、そのプラスな状態になるにはどのようなことが必要でしょうか。
              今日のセミナーでは3つ要素があると教わりました。
              その3つは人間の感覚、五感のうちの3つです。


              〇覲弌、 焦点
              焦点とは考え方を示します。
              人生に起こる経験は2つだとジェームズは言います。
              一つは「成功する経験」、二つは「学ぶ経験」

              世の中に「失敗する経験」があり、「無駄な経験」があるということは
              それは焦点の違いなのです。
              成功か失敗か、意味ある学びか無駄なことか
              それを判断するのは、あなたであり、あなたが経験を意味あるものか、
              無意味なものかにすることができます。


              聴覚 → 言葉
              言葉は、文字通り、周りからの声、自分への言葉を示します。
              できると思って、行動するのと
              できないと思って、行動するのと
              その結果は当然異なり、結果までのプロセスも違ってきます。





              触覚 → 身体
              落ち込んだときと元気なとき
              あなたの姿勢はどうなっていますか。

              落ち込んでるときは前かがみになってませんか。
              逆に嬉しいときは空を見上げたりしてませんか。
              少なくとも、下を向いてはいないですよね。

              姿勢だけでプラス状態にすることができるのです。





              今日は言葉のマジックと身体への影響を体験してきました。
              二人一組になって、相手に腕を曲げてもらいます。
              逆に自分は腕を曲げられるのを防ぐために、力いっぱい抵抗します。

              できる、できる、できると言い続けれると、力も出て、腕を曲げられることがありませんでした。
              逆にできない、できない、できないと言い続けると、
              さっきは腕を曲げられなかったはずなのに、なぜか腕を曲げられてしまうんです。
              なんと不思議なことでしょう。

              言葉マジックとその身体への影響をまだ経験されていない方は
              ぜひ、言葉の力を試してください。



              ========================================


              さて、今日は本当にたくさんの学びをもらってきましたが、
              こういうセミナーはそれだけでなく、
              当然、セミナーに参加する人は「学びを求めている」「向上心が強い」人ばかり。

              参加者からも多くの学び、刺激が得られるわけです。

              本当に今日は楽しい時間を過ごすことができました。
              また、セミナーに参加した時は皆さんと共有いたします。


              | ムツタカ | 学び・気づき | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              『マインドの持ち方』
              0
                JUGEMテーマ:今日のキーワード


                皆さん、こんばんは。

                今日は夜から雨が降り、急に寒くなってきましたが、
                お風邪は引いてないでしょうか。


                さて、今日はあるセミナーに参加してきました。
                汐留に本社があります、ネクセント株式会社が主催する

                「ビジュアル化」をテーマにした今回のセミナー。
                とても学びがありました。


                タイトルの「マインド」という言葉。
                マインドはどこにあると思いますか?



                ちょっと考えたり、指を指したりしてみてください。






                どうですか?
                どこを指しましたか?

                みなさん、「心臓部」か「頭、脳」を指したのではないでしょうか。

                ちなみに、マインドを英語表記(Mind)にして、
                ネットで検索してみてください。

                いろいろな記事が出ますが、
                Mindで検索すると、主に「脳」の図や説明が出てきます。

                Mindで検索すると、心、心臓の図や説明はあまり出ないと思います。



                これはおもしろい!

                表記方法をかえるだけで、指す言葉が明確になるのです。


                セミナーに参加するとこんなに面白い話が聞けるんです。
                行って損はないですね。


                本題のビジュアル化については次回の記事でご紹介します。


                | ムツタカ | 学び・気づき | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                『コミュニケーションの重大要素』
                0
                  JUGEMテーマ:今日のキーワード



                  皆さん、こんばんは。
                  現在、時刻は午前2:00を回っております。

                  そんな中、皆さんと先日セミナーにて、学んだ内容をシェアしたいと思います。


                  【コミュニケーションの3大要素】

                  〕燭┐襪海函淵廛譽璽鵐拭爾箸靴討量魍筺
                  コミュニケーションは話し手と聞き手がいて、成立します。
                  この要素は主に話し手にフォーカスした内容ですが、
                  話し手は聞き手が欲しているものを与えることができると、聞き手も興味を持ち、
                  話が盛り上がるということです。


                  ▲螢▲ション(聞き手としての役割)
                  今度は聞き手にフォーカスした内容です。
                  話し手におもしろい、興味ある話をしてもらうのが当然、良いわけですが、
                  聞き手もコミュニケーションをコントロールできるのです。

                  それが「リアクション」!
                  実はあまり意識していないかもしれませんが、この要素がものすごく重要!
                  リアクションで、相手に気持ちよく話してもらうよう、聞き手の行動が話の盛り上がりの
                  キーになると言っても過言ではありません。

                  もし、機会があれば、以下のことを試してみてください。

                  (a)相手の話を過剰といわれるほど、うなずいたり、反応してみる
                  (b)相手のリズムに合わせて、リアクションする
                  (c)まったく無視をする(話を聞いてないと思うほど、ノーリアクションでいる)

                  上記3つを試すと面白い結果が出ます。
                  これは実践あるのみですので、ぜひ行ってみて、実感してみてください。



                  ほめる(聞き手も話し手もお互いが刺激し合う役割)
                  聞き手は話し手の内容をぜひほめてください。
                  「なるほど〜」「すごい!」「素晴らしい!」などなど、
                  この「ほめる」があるのと、ないのとでは大きく違います。

                  また、話し手もできたら、話の中で聞き手をほめてください。
                  「リアクションいいね〜」「あなたと話すと気分がいいね」などなど、
                  率直に自分が感じたプラスの感情を盛り込んでみてください。




                  以上、
                  上記3つはコミュニケーションを成立させるのに
                  必須条件と言ってもいいのではないでしょうか。

                  話が盛り上がらないんだよな・・・
                  話が続かないんだよな・・・
                  どうしたら魅力ある人になれるのかな・・・


                  そんな思いがある人はぜひ、今一度、話の最中の自分の行動を
                  思い返してみてください。
                  そして、上記3つを行っていない場合はぜひ試してみてください。

                  これら3つは一つでも欠けてはいけません。
                  そして、コミュニケーションをする上で、誰かが聞き手、誰かが話し手という
                  決まった役割はありません。
                  むしろ、話の中で聞き手にもなり、話し手にもなりますので、
                  そこを見失わないようにすることが重要です。


                  コミュニケーションは社会で生きていく上で老若男女問わず、
                  必要となること。
                  もし、お悩みの方がいらっしゃれば、ぜひ解決していきたいですね。





                  | ムツタカ | 学び・気づき | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  『材料と調理方法=人と環境』
                  0
                     JUGEMテーマ:日記・一般



                    今日はステキな結婚式に参列してきました。
                    人の感動のクライマックスが目の前で見れるのは
                    とても美しいことだとつくづく思いました。


                    その後、先輩とお話した際に
                    感慨深いことをおっしゃっていたので、
                    ここに記します。



                    =================

                    人と環境を料理に例えると

                    人は食材だ。
                    きみはどんな食材ですか?

                    環境は料理方法だ。
                    うまく調理されてますか?


                    どんなに良い食材でも

                    環境がその食材を扱わないのであれば、
                    その食材の良さは引き出されず、
                    使われないだろう。


                    イタリア料理とフランス料理では
                    使う食材が違う。

                    自分はどんな食材で、
                    今の環境は自分いう食材を使うところか?


                    仮にきみが米や小麦であれば、
                    いろいろな料理に使えると思う。

                    しかし、きみが高級で限られた料理方法でしか
                    使われない食材ならば、
                    使われる料理で活用してもらわなければならない。
                    環境を見極めるとはそういうことなのだ。


                    きみはどんな食材なのか。

                    自分のこれぞ!という強みはなにか、
                    自分の良さとはなにか、

                    自分を知ることの重要性はここにあるのだ。


                    ==========================




                    とても深い内容でした。
                    そして、自分についてもっと知らなければならないと強く反省したメッセージでした。



                    | ムツタカ | 学び・気づき | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    『いかに敵を作らないかが勝負の決め手』
                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般
                      JUGEMテーマ:今日のキーワード
                       


                      皆さん、こんばんは。
                      今日も社外の人とお話をして、
                      新たな学びを得てきました。


                      『いかに敵を作らないかに注力してきた。
                      相手を批判せず、人を批判せず、すべてのことに批判をせず、
                      自分が良いと思ったことのみを伝える』




                      これはなかなか難しいことだなと思ってしまいました。
                      日頃どのような考え方をしていて、どのような言葉を発しているかが
                      わかってしまいますね。


                      今日は反省です。

                      改めて、自分の周りで人徳ある人を見ると
                      みなさん、確かに誰かのマイナス面を言わないのです。

                      ○○のところが良くない

                      ○○できないと・・・

                      ○○が課題だ・・・



                      マイナス面だけでなく、
                      マイナス的表現もタブーです。


                      ○○のところが良くない

                      ではなく、

                      ○○を強化していこう

                      といった表現を使う。
                      伝えたいことは同じだと思います。


                      どちらも○○という点を改善すれば
                      さらに良くなるからがんばれ!ということを伝えたい。
                      要はそれをどのように伝えるか。


                      表現の仕方、考え方は常に意識して取り組みたいと思いました。

                      「いかに敵を作らないかに注力」


                      これを意識して取り組んだ先が楽しみです。
                      | ムツタカ | 学び・気づき | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      『注意力と行動力の反比例という現象』
                      0
                        JUGEMテーマ:日記・一般
                         

                        今日、ある企業の事業説明を聞いてきました。
                        そこで話を聞いているうちに、
                        タイトルにも挙げた

                        「注意力と行動力の反比例という現象」
                        について考えました。


                        現代人はとても注意力が向上していると思います。
                        それには諸要因があると思います。

                        引ったくりが、空き巣が発生。

                        ニュースで危険な知らせを多く聞く

                        リスクという言葉が世の中で多く出回っている

                        出会い系等で詐欺行為が横行している

                        核家族化



                        本当に多くの理由で自己防衛のための注意力が強まっていると思います。
                        しかし、その注意力の高さには注意が必要です。

                        どういうことかと言うと・・・


                        =====================

                        注意力が増すばかりに
                        行動力を欠いている

                        それは個々人の判断力が注意力と行動力の間に
                        存在しないためだ。

                        注意力と行動力は直結しない。
                        その間に判断力という能力が入っていなければ、

                        行動にはつながらないのだ。

                        つまり、注意力が高まり、その影響範囲が拡大すれば
                        その分行動範囲が狭くなるのだ。

                        注意はできても、良し悪しを見極める力を持ち合わせていないと
                        注意=躊躇となり、行動力がみるみるうちに衰退する。


                        怖いのはこれだけではない。
                        その行動力衰退の影響は持続的であり、
                        人を蝕んでいくのだ。

                        注意 → 行動しない → 注意 → 行動しない
                        行動しない → 行動しない → 行動しない

                        そんな悪循環に陥れば、そこから行動範囲が極端に
                        狭まるのは早い。


                        注意力とは判断力が伴って、好効果を発揮する。

                        注意すべきは「注意する対象」ではなく、注意したことによる
                        「行動力衰退への影響」である。
                        その注意がなにを成すかを考えねばならない。
                        無用な注意は人に「損」しか生まない。


                        ============================



                        以上のことを気づかされました。
                        簡単にですが、皆さんとシェアをしたく、記事にさせていただきました。

                        この記事を読んで、なにか感じていただけたら幸いです。
                        | ムツタカ | 学び・気づき | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         行政書士のオススメ通信講座
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << September 2018 >>

                        bolg index このページの先頭へ