blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『風評被害を阻止しよう』
    0
      JUGEMテーマ:今日のキーワード


      皆さん、こんばんは。

      現在も東日本では震度4規模の地震が続いております。
      大震災に遭うと、震度4もとても大きく感じます。

      今回の大地震は津波を起こして、大規模な被害が出ています。
      そこに加えて、今度は「風評被害」が出てきました。


      茨城産の野菜が返品されたり、福島産の食品の売れないなど、
      いわゆる、風評被害が発生しております。


      この風評被害・・・
      地方の経済にとって、とても深刻な問題です。


      震災時もよくアナウンスされていましたが、
      正確な情報を得て、適正な行動をお願いします。

      たとえば、放射線物質が付着した野菜も
      洗ったり、ゆでたりすれば問題ありません。

      また、付着も身体に害がない程度の微量です。
      心配になるのは最もですが、
      どうか、正しくない情報によって、間違った行動をしないようにご注意ください。


      今回、ビジネス書とは関係ない内容となりましたが、
      当サイトも記事によって、皆さんになにかお届けできればと考えております。
      どうか、今後とも宜しくお願いします。


      | ムツタカ | ニュース | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      『カンブリア宮殿 2010/11/4』
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
        JUGEMテーマ:今日のキーワード
         

        皆さん、こんばんは。
        最近は急に仕事も忙しくなり、本も少しずつしか読めていない状況です。
        欲しい本はたくさんあるので、どんどん積み上がっていくばかりです。




        さて、本日、あと30分後のカンブリア宮殿スペシャル!
        ぜひ、お時間があればチェックしてみてください。


        今回のテーマは「英会話」
        あのベルリッツCEOの内永ゆか子氏が登場です。
        ベルリッツといえば、今や都心でも見かけないことがないくらい、
        大きな企業です。
        その企業のCEOがまさか日本人だとは。



        彼女は言います。

        「日本人は英語の勉強方法が根本から間違っている」と。

        彼女の英語勉強方法とはいったい!?


        今や、ベネッセからソニーまで世界で戦う企業に引っ張りだこの内永氏。自ら創業130年の世界企業ベルリッツ・インターナショナルを率い、世界を駆け回る彼女の、世界で勝てる人材作りとは?



        私も今、英語勉強に力を入れているので、
        ここは必ずチェックします。
        もし、ご覧になられた方で感想等があれば、ぜひ後ほどいただきたいと思います。

        どんな話が聞けるか楽しみです。
        | ムツタカ | ニュース | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        『今春入社のゆとり第1世代』
        0
          JUGEMテーマ:今日のキーワード
           

          今日の日経新聞で一際目についた記事が
          タイトルに書いた「今春入社のゆとり第1世代」


          今年の新入社員はどのような人が多いのでしょうか。
          記事ではゆとり世代の特徴を踏まえて
          育成スタイルも考慮している会社が過半数を占めているそうです。


          ただし、私はこのメディアの暴走に一言物申したい気持ちです。
          ゆとり第1世代を社会人として問題視する傾向にありますが
          ゆとり世代に限った問題ではないように思います。
          どの世代にもいそうな特徴を特別ゆとり世代の特徴としている点が

          真としない現実を報道していると思います。


          調査方法も明らかに不適格。
          今春入社の多数はゆとり第1世代かもしれませんが
          しかし、院卒者や浪人者など、ゆとり第1世代に当てはまらない人も
          多くいると思います。


          その中で一つ一つのゆとり世代の特徴コメントは
          いったい誰を思って答えているのでしょうか。
          もし、回答者が考える人が新入社員でも、浪人者であれば
          それはゆとり第1世代ではありません。

          しかし、それを抜きにして全般的にゆとり第1世代として
          報道し、今春入社の者たちを捉えている。




          これはメディア報道の真なる報道ではありません。
          実態をつかまず、ゆえの情報発信によって
          人の印象、考え、方針などに影響を与え、
          コミュニケーションに歪みが生じることがあれば、
          逆にメディア側が問題です。



          真の対象が捉えづらくなる中
          いかに情報を選別していくかはこれからの課題でしょう。
          | ムツタカ | ニュース | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『今年の就活生は・・・』
          0
            JUGEMテーマ:経済全般
            JUGEMテーマ:今日のキーワード
             

            今日の日経新聞で気になった記事
            それは「就活生」に関するニュースです。


            今春の就職活動は就職氷河期の再来と言われ
            就職活動がとても厳しいと言われていました。
            実際、その渦中にいた私は特に気づく点が

            内定を取る人は取り、厳しくない状況にいるが
            内定が取れない人は本当に取れない・・・
            内定を取る人より多くの企業説明会に参加し、選考を受けるも
            厳しい状況が続いたようです。



            今年の就職活動はそんな先輩たちを見て
            今春入社組みより多くの企業にエントリーし、多くの企業説明会に
            参加しているようです。




            しかし、来年度入社予定の現就活生は
            今春よりも厳しい状況にあるようです。
            6月1日時点での内定率は59.7%と前年同月比で3.1%低下しているそうです。

            加えて、希望通りの内定を得た学生はさらにパーセンテージは下がるでしょう。



            記事のタイトルは次のようです。

            『就活「納得できるまで」』


            就活期間もこれに伴い長期化しているようで
            今年の就活生も余裕の人と厳しすぎる人とが二極化しているでしょう。


            社会が厳しくなったのか・・・
            それとも学生と社会とが乖離してしまっているのか・・・


            いずれにせよ
            どんな状況にいても、通用する自己の確立を目指したいものです。
            自分ももっと勉強して、ビジネス書等から学んで
            もっと成長したいと思います。
            | ムツタカ | ニュース | 19:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            『400兆円の資産を持つ日本』
            0
              JUGEMテーマ:経済全般
               

              皆さん、おはようございます。
              昨晩「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」を
              ご覧になりましたか?
              勝間さんがおもしろいことを言っていました。


              今、日本はおよそ880兆円の借金をしている!
              日本はピンチだ!!!というニュースはよく目にします。

              ギリシャ危機とセットにした報道もありますよね。

              財政難はギリシャより日本の方が深刻である
              しかし、借金の仕方が日本は国内での借金が多く
              国外借金の方が多いギリシャとは違うため

              ギリシャの方が影響力が大きいのだと。


              それでも日本の借金は880兆円あるわけです。

              そんな財政難のため、今消費税の話題はちょくちょく出ます。
              将来的には消費税10%になるかもしれない。
              いや、社会保障を充実させるには10%にならざるを得ないと。


              ですが、昨晩の勝間さんの話によると
              日本にはおよそ400兆円の借金返済に
              当てられる資産を持っているそうです。


              これは極論に近いところもありますが
              今事業仕分けで行っているように
              無駄を省くことが可能なところが多々あるのだという話です。

              無駄を省き、それを借金返済に充てたとすると
              日本の借金は正確には880兆円ではなく、480兆円だと。
              ゆえに、そこまで日本破綻というほどの
              深刻な状況ではないと主張していました。





              なるほど!と思った瞬間でしたね。
              480兆円もGDP比にするとまだ高い値ですが
              もうどうにもできない状況だと言う事ではありません。


              なんでもかんでも事業廃止し、無駄だと判断するのは問題ですが
              無駄を発見し、日本の骨組みを見直すことで
              無駄による国民一人あたりの負担増を防いでいき、
              改善することは必要なのだと強く感じました。






              太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中
              そんな極論だが、どこか的を得た話が聞けるところが
              魅力の一つですね。




              今日はビジネスコミュニケーションのセミナーに参加してきます!
              また、レビューしていきたいと思います。
              | ムツタカ | ニュース | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
               行政書士のオススメ通信講座
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              30      
              << September 2018 >>

              bolg index このページの先頭へ