blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『君と会えたから・・・』
    0

      君と会えたから・・・
      君と会えたから・・・喜多川 泰

      ディスカヴァー・トゥエンティワン 2006-07-10
      売り上げランキング : 870


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools



      皆さん、こんばんは。
      最近、とても過ごしやすい気候ですよね。
      でも、気温変化は激しいので体調には気を付けないとですね。


      さて、またまた久しぶりになってしまいましたが、本を紹介します。
      本日ご紹介する本は、喜多川さん著の名作です。

      『君と会えたから・・・』


      本書は私も知り合いに「この本はいいよ〜小説なんだけど、学び要素満点なんだ!」
      と教えてもらい、すごく興味が出たのですぐ購入しました。


      ストーリーを細かに説明はできないですが、
      ちょっとだけ、どんな流れのストーリーなのかをお伝えしたいと思います。

      話はある男の子が漫然とした生活をおくっているところから始まります。
      そんなある日、その男の子はとても可愛い女の子と偶然に出会います。

      本書はその男の子と女の子の淡い恋の雰囲気を感じさせながら、
      女の子が「あるもの」を使って、男の子に多くの学びを話していきます。

      その言葉一つ一つがすごいんです!


      そして、最後の方では・・・涙が・・・・


      なぜでしょう?


      感動なのか、感激なのか、悲しいのか、悔しいのか、
      その真相は読んでみるとわかります。


      学びたいと思っている人、
      小説が好きな人、
      淡い恋が好きな人?


      そんな方はぜひ読んでみてください!

      本書を読んで、失敗だなーと思う方はあまりいないのではないでしょうか。
      2つの楽しみ方ができる本書はおススメです!

      ぜひぜひどうぞ!


      【なか見!検索有無』

      あり


      【ページ数』
      208ページ


      【価格】
      1,428円


      【著者情報(喜多川 泰)】
      1970年東京都生まれ。愛媛県西条市に育つ。東京学芸大学卒。
      1998年横浜市に学習塾『聡明舎』を創立。まったく新しい塾の在り方を追求し続けている。2005年には作家としての活動を開始。その独特の世界観は多くの人に愛されている。

      作品に「賢者の書」「手紙屋」「手紙屋〜蛍雪篇」「上京物語」(ディスカバー21)「『福』に憑かれた男」(総合法令出版)「心晴日和」(幻冬舎)がある。

      (※喜多川泰の徒然日記http://y-kitagawa.blog.ocn.ne.jp/nikki/2009/03/post_cce0.htmlより引用)



      【目次】

      画廊

      八月六日

      長い一週間

       第一講 自分の欲しいものを知る
       第二講 夢を実現させる方法を知る
       第三講 経済的成功の真実を知る
       第四講 魅力溢れる人になる
       第五講 手段を目的にするな
       第六講 できないという先入観を捨てる

      電話

      助言

      ハルカの部屋

      手記

      扉の向こうの真実

      最後の講義

      勝利の女神

      手紙

      あとがき
      | ムツタカ | 自己啓発本 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      『史上最強の哲学入門』
      0

        photo
        史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
        飲茶 板垣 恵介
        マガジン・マガジン 2010-04-14

        評価

        by G-Tools , 2011/03/28


        皆さん、こんばんは。

        今日は変わった一冊をご紹介します。


        「史上最強の哲学入門」
        なにやら表紙の絵が興味をそそるこの本! 哲学について書かれているのだと思い ふと手に取ってみた。 なかには歴史上有名な哲学者が掲げる哲学について書かれている 私はまずデューイのプラグマティズムという哲学について、読んでみた。 読んで早々に感じた。なんだ!?このものすごくフランクな文章は!? しかし、なんと読みやすく、分かりやすいんだ!!と。 おそらく、専門で研究している人が読んだら、ざっくりしていて正確ではないと 怒るかもしれない。 しかし、自分たちは研究者ではない。 欲しているのは簡単かつ、ざっくりとした正確な情報だったりする。 小難しいことを説明され、○○という哲学とはを説かれて、余計訳がわからなく なるより、 まずは取っ掛かりとして○○という哲学は簡単にどんなことを主張しているのか を知りたい。 本書はそういった人にとって良書だろう。 さらに哲学者とその哲学は全部で31紹介している。 これだけ多くの哲学を知ることで また新たな発見がある。 それは… 自分は今どんな哲学で生きているのか が分かるということだ! 人は知らず知らずに哲学を持っています。 相手の意見が受け入れられないことはありませんか?考え方が違うと。 それは正しく哲学の違い。 哲学とはモノの本質を解くに当たって重要となる考え方だと思っています。 人が信じるのは、間違ったものではなく、正しく、必要だと思うこと、重要だと 思うことです。 哲学=本質でないことは、哲学の数が複数あることからお分かりだと思います。 自分はどんな哲学を歩んでいるのか知りたい 意識してこなかったけど、自分が歩む哲学を改めて見つめた時に信じ抜くことが できるか知りたい そもそも哲学を知らないから、分かりやすい知識を得たい そんな方々にお勧めの一冊です。

        【なか見!検索有無】

        【価格】
        1,500円

        【ページ数】
        280ページ

        【目次】
        第1ラウンド
        真理の『真理』―― 絶対的な真理なんてホントウにあるの?
        プロタゴラス 
        ソクラテス デカルト ヒューム カント ヘーゲル キルケゴール 
        サルトル レヴィ=ストロース デューイ デリダ レヴィナス

        第2ラウンド
        国家の『真理』―― 僕たちはなんで働かなきゃいけないの?
        プラトン アリストテレス ホッブス ルソー アダム・スミス マルクス  

        第3ラウンド
        神様の『真理』―― 神は死んだってどういうこと?
        エピクロス イエス・キリスト アウグスティヌス トマス・アクィナス ニーチェ  

        第4ラウンド
        存在の『真理』―― 存在するってどういうこと?
        ヘラクレイトス パルメニデス デモクリトス ニュートン バークリー 
        フッサール ハイデガー ソシュール

        | ムツタカ | 自己啓発本 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        『行為の意味―青春前期のきみたちに』
        0
           
          行為の意味―青春前期のきみたちに
          行為の意味―青春前期のきみたちに 宮澤 章二

          ごま書房新社 2010-07-06
          売り上げランキング : 8


          Amazonで詳しく見る
          by G-Tools



          皆さん、こんばんは。
          まだニュースを見ると、地震・津波の被害は大きくなるばかり。
          きっと今私たちが知り得ている情報は極一部なんだろうと思うばかりです。


          そんな今だからこそ、
          今日ぜひ皆さんにご紹介したい本があります。


          今CMで放送されている素晴らしいメッセージ

          ――――――――――――――――――――――――

          「こころ」はだれにも見えないけれど

          「こころづかい」は見える


          「思い」は見えないけれど

          「思いやり」はだれにでも見える

          ――――――――――――――――――――――――


          とても心に沁みる言葉です。
          どうして言葉は心に沁みるのでしょう。

          今日参加したセミナーでその答えを教えていただきました。

          ==============================

          「言葉」は心の肥料。

          どんな肥料を土に与えるかで幹の大きさも、花の咲き方も大きく違う。
          自分にどのような言葉を与えていますか?

          マイナスの言葉ですか?
          できない・・・無理・・・でも・・・ダメだ・・・

          プラスの言葉ですか?
          できる! 大丈夫! さすが! 最高! 素晴らしい!

          マイナスの言葉(肥料)は幹を花を腐らせる

          プラスの言葉(肥料)は幹を育て、花を綺麗に咲かせる


          言葉を与えないのも、それは肥料を与えないのと同じである
          肥料がない幹は成長できず、花もうまく咲かない


          あなたはどんな幹にしたいですか?
          あなたはどんな花を咲かせたいですか?


          言葉が人の土台である、心を育て、
          引いては行動をも変えるのである

          ==============================


          私はとても感銘を受けました。
          本書もすごく心に響く言葉が本当にたくさんあります。

          災害情報を見て、
          何とかしたいという思いがあっても、何もできないと思う方、
          どうしたらいいかわからないと思う方、


          きっとそんなことはありません。
          あなたが心を持っている限り、
          あなたが思いを持っている限り、


          それを行動に移せば、
          心も思いも人の役に立つことがきっとある。


          自分でブレーキをかけないでください。
          自分で制限を設けないでください。


          本書にあるメッセージをもらって、
          ぜひ心に肥料を与えてください。
          そんなことができる本が「行為の意味」だと思います。


          ぜひ一読ください。



          【なか見!検索有無】




          【価格】
          1,365円



          【ページ数】
          183ページ



          【目次】
          巻頭詩 君たちが歩くとき

          出発の季節(出発の季節季節のことば ほか)

          前進の季節(身構えているもの野の声 ほか)

          結実の季節(行為の意味独りではない ほか)

          黎明の季節(知らない子いつでもそこに ほか)


          | ムツタカ | 自己啓発本 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~』
          0
            JUGEMテーマ:今日のキーワード
            JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本
            NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~
            NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~ 松島直也

            フォレスト出版 2010-01-08
            売り上げランキング : 34533


            Amazonで詳しく見る
            by G-Tools
             


            皆さん、こんばんは。
            今般の東日本大地震で、多くの方が困っていらっしゃいます。
            その上、不正確な情報も流れており、今どのような状況かもわかりづらい状態です。

            今の時期、多くの方が助かるよう、自分ができることを確実に行っていきましょう。




            さて、今日ご紹介する本は
            今まで紹介していた本とは違い、
            本の読み方を強化する素晴らしい一冊です。


            「速読」


            この単語はいまや多くの本が取り上げているものですが、
            本書はその中で「NLP(神経言語プログラミング)」を用いた、
            「速読」指南書です。



            仕事が忙しい・・・

            読みたい本があるけど、他にやることがあって・・・

            読書?苦手なんだよね・・・

            速読?そんなんできないよ・・・



            様々なご意見があるかと思います。
            私も「速読」について、知人から話を聞いていただけで、
            どうもできそうにないと思い込んでいました。

            なにより、本を速読したら、しっかり読めないってことだよね?
            だったら、もったいないよ!



            そう思っていました。
            しかし、本書はそんな私の考え方を180度逆転させてくれました。


            そもそも読書が苦手とはどういうことでしょうか?
            字が読めないのではないし、目が見えないわけでもない。

            それは意識レベルでの苦手という「思い込み」で成り立っているのです。



            また、私のように
            「速読」でしっかり読めなくて、学びを取りこぼすのではないか?

            その考えも実は逆にしっかり読み込んで、学びを取りこぼしている可能性があるのです。

            つまり、しっかり読み込んだ結果はどうだったか?
            ということです。

            なにか身につきましたか?

            今も学びを覚えていますか?

            OUTPUTできていますか?

            内容すべて吸収し、力になっていますか?



            このような質問をされたとき、すべて「NO」でした。

            これでは時間をかけたわりには学びは少ない。
            しかも、その学びも日に日に劣化する。。。


            これは大変もったいない話です。
            自己満足で終わってしまっては、ビジネス書を読む意味もありません。


            しかし、本書を読んだことで、
            読書にも「HOW TO」が必要なのだと気づかされました。
            本書を読んだことがない方、「速読」を実践されていない方、
            ぜひお読みになってください。
            お勧めです。



            【なか見!検索有無】





            【価格】
            1,470円



            【ページ数】
            206ページ


            【目次】
            第1章 NLP速読術とは?
             1:NLPとは何か?
             2:NLP速読術を使う6つのメリット
             3:まずは、NLPで無意識に協力してもらおう!

            第2章 実践!NLP速読術
             1:高速リーディング
             2:「ポイントリーディング」で自分にもっとも必要な情報を収集する
             3:意識と無意識の中間に位置する「キーリーディング」
             4:NLP速読術のススメ

            第3章 NLP速読術〜NLPで脳の力を最大限に発揮する
             1:NLPメソッドが学習力を最大限引き出す!
             2:NLPで脳のプログラムを変える!
             3:あなたの能力を最大限引き出す「ハイパフォーマンス・ステート」
             4:ハイパフォーマンス・ステートになる2つの方法

            第4章 NLP記憶術&情報整理アウトプット術
             1:短時間読書でも長期記憶する技術
             2:情報記憶と情報整理を同時に行うチャンキング
             3:アウトプットのためのテクニック「新行動生成」とは?
             4:マーカー・アンカーリングで記憶する

            第5章 NLP学習活用術
             1:日々の勉強に応用するNLP勉強術
             2:NLP速読術を使って新聞や雑誌を読む

            最後に 速読術をマスターするための工夫 


            | ムツタカ | 自己啓発本 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            『一生折れない自信のつくり方』
            0
              JUGEMテーマ:ビジネス書評JUGEMテーマ:ビジネス書JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本


              一生折れない自信のつくり方

              一生折れない自信のつくり方
              青木仁志

              アチーブメントシュッパン 2009-11-25
              売り上げランキング : 2178

              Amazonで詳しく見る
              by G-Tools
              一生折れない自信のつくり方 実践編一生折れない自信のつくり方 実践編
              青木仁志

              アチーブメント出版 2010-07-28
              売り上げランキング : 12633

              Amazonで詳しく見る
              by G-Tools



              皆さん、こんばんは。
              今日は比較的暖かく、コートが要らない一日でしたね。
              今週も始まりましたが、頑張っていきましょう!



              さて、今日ご紹介する本は「自信」についての自己啓発本です。

              正直申し上げます。


              私は自分に自信が持てていません。

              自分の周りには多才な人が多く、
              それぞれが素晴らしい能力を持っています。

              プレゼンがうまい人

              人を惹きつける人

              頭がいい人

              アイデアがどんどん出てくる人

              物事を深く考える人



              実にたくさんの人が
              たくさんの能力を持って、今を生きています。

              それに比べ、私はそこまで自信を持って、
              「〜〜ができる」と言えるものがありません。

              ゆえに、日々「〜なら負けない」と言えるように
              「〜ができるようにならねば」「〜がまだまだだ」

              といった考え方をしていました。





              しかし・・・・


              本書を読んで、今の考え方こそ
              「自信」を失くし、「自分」を失う原因だったことに気づかされました。

              本書は他の自己啓発本ほど
              「高い目標を持て」という内容はありません。

              むしろ、「低い目標」「小さな目標」を見つけ、行動しようという
              内容となっています。

              私もこれを今日実践しましたが、
              これが効果ありました。




              「自信」がすぐに身に付くわけではありませんが、
              「体力」が奪われず、自信の顕れか発言にも力がこもっていました。
              声も大きく、元気な姿勢で一日いることができたのです。



              私は本書より以下のメッセージをもらいました。


              「小さなことから大きなことへ」


              これはつまり、
              周りにいる多才に追いつこうとすることを難しく、大きな目標です。

              なので、それを追うのではなく、自分なりの小さな目標を作り、
              それが達成できたら

              「○○ができた」と考えるのです。
              それを多く積み上げていき、将来大きいことができるようになればよい。

              今から大きいことができないといって、
              なにもできないでいるのではもったいない。

              大きいことをしたいのであれば、
              まず小さなことを積み上げていこう!



              このメッセージは自分にとってとても
              大きな糧となりました。

              本当に小さなことを今日から毎日行っていき、
              普段「当たり前」としていたことも、

              「○○できる」と言って、自分に栄養を与えるようにしたいと思います。

              本書は
              「思い込み」の大切さを説き、
              「自信」の作り方を分かり易く、かつ実践的に教えてくれる素晴らしい書です。


              ぜひ、自信をつけて自分の思うように行動したいと
              思っている方に読んでもらいたいです。
              そして、自分と同じように「自信」が無くて悩んでいる方にも
              読んでいただき、自らの力を発揮できるようになっていただきたいですね。
              | ムツタカ | 自己啓発本 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              『億万長者 富の法則』
              0
                JUGEMテーマ:ビジネス書評
                JUGEMテーマ:ビジネス書
                 
                億万長者 富の法則 億万長者 富の法則
                ロジャー・ハミルトン 宇敷 珠美

                中経出版 2009-04-08
                売り上げランキング : 52378

                Amazonで詳しく見る
                by G-Tools


                皆さん、こんばんは。
                最近かなり寒くなりましたね。
                御身体にお気をつけください。



                さて、今日ご紹介する本は
                友人にぜひ読んでみて!とおススメされた本です。

                「億万長者 富の法則」



                本書はズバリ自己啓発本です。
                自己啓発本の王道ですね。

                本書の特徴は
                「道は複数ある」ということを教え、

                その道によって、進み方を変えましょうというものです。



                自己啓発本には
                よく「こうすべき」論が多くあります。
                これらは「一つの道こそが優れている」という論調ですが、
                本書はその点が違います。



                様々なタイプに分類し、
                その具体例を示して、タイプについてわかりやすく説明してあります。

                読んでいくうちに、「自分はどのタイプなんだろう?」と気になりました。
                個人的には「タイプは複数にまたがっている」と思いましたが、
                みなさんはどうでしょうか?


                先日参加したセミナーで「新規ビジネスはマネから入ると良い」
                と講師がおっしゃってましたが、
                行動についても、「自分がどのタイプ」か理解したうえで、

                そのタイプで最前線を歩んでいる人の真似をすると
                おもしろい効果が現れるかもしれません。


                友人が本書を「自分のバイブル」として賞賛していた理由は
                ここにあるのでしょう。
                もし、興味を抱いた方はぜひ読んでみてください!



                【なか見!検索】





                【価格】
                1,680円



                【ページ数】
                319ページ


                【目次】
                第一部 「本当の富」とは何か?を知る

                第一章 「本当の富」とは何か?
                ・お金が入ると生じる、一つの矛盾
                ・富とは、お金を失ったときに残っているもの
                ・お金を稼ぐのにあくせくする人、しない人
                ・富を築く人は「ガーデン」を作る
                ・最小限の行動で最大限を引き寄せる
                ・富の「川」を作ろう
                ・富の築き方は。人によって違う

                第二章 運を味方につける
                ・億万長者は運を味方にする四つの要素
                ・成功する人は七つの現象を経験する
                ・現象1 決定的瞬間
                ・現象2 学びのサイクル
                ・現象3 前倒れの失敗
                ・現象4 チャンス
                ・現象5 確実性
                ・現象6 忍耐力
                ・現象7 「勢い」(モメンタム)のマジック

                第三章 価値とレバレッジが成功の鍵
                ・うまくいっているのにお金を失う会社がある
                ・デル社は、なぜ壁を乗り越えたのか?
                ・富を生み出すとは、フローを生み出すこと
                ・価値を生む、二つの重要な要素
                ・レバレッジを生む、二つの重要な要素
                ・レバレッジの要素1 増やす
                ・レバレッジの要素2 拡大する
                ・百万長者は億万長者につながっている

                第四章 八つのウェルスプロファイル
                ・最も抵抗の少ない道を進もう
                ・あなたが成功する道はどれか?
                ・クリエイター 「よりよい製品を生み出す」
                ・スター 「独自のブランドを生み出す」
                ・ディールメーカー(交渉人)「人と人を結びつける」
                ・トレーダー 「安く買い、高く売る」
                ・アキュムレーター(蓄財家) 「価値が上がる資産を集める」
                ・ロード(支配者) 「お金を生み出す資産を支配する」
                ・メカニック 「よりよいシステムを編み出す」
                ・富を生み出す六ステップ
                ・五種類の周波数を意識する
                ・時間の価値を知っておく

                第二部 自分の「フロー」を見つける
                第五章 クリエイター
                ・クリエイターいは二つのタイプがある
                ・理想主義だが、実行が困難なときも
                ・ビルゲイツ「世界一の大金持ち」
                ・スティーブジョブズ「二度も億万長者に返り咲いた男」
                ・クリエイターの特徴
                ・クリエイターの戦略
                ・クリエイターの例

                第六章 スター
                ・目立つことで、多くのものを引き寄せる
                ・人と話すことでアイデアがひらめく
                ・マーサ・スチュアート「主婦のクリーン」
                ・アーノルド・シュワルツェネッガー「ガバネーター」

                第七章 サポーター
                ・サポーターとは優れたリーダーである
                ・チームをやる気にさせる才能に長けている
                ・ジャック・ウェルチ「二十世紀最高の経営者」
                ・マイケルアイズナー「ミッキーを手放す」
                ・サポーターの特徴
                ・サポーターの戦略
                ・サポーターの例

                第八章 ディールメーカー(交渉人)
                ・必要なもの同士を結びつける
                ・収支表を見るより、食事をしながら交渉せよ
                ・ドナルドトランプ「あだ名はザ・ドナルド」
                ・孫正義「ソフトウェアのサムライ」
                ・ディールメーカーの特徴
                ・ディールメーカーの戦略
                ・ディールメーカーの例

                第九章 トレーダー
                ・日々、行動戦略を変える
                ・何度も売買を行なう
                ・ジョージソロス「イングランド銀行を破綻させた男」
                ・ピーターリンチ「二十七倍になる投資」
                ・トレーダーの特徴
                ・トレーダーの戦略
                ・トレーダーの例

                第十章 アキュムレーター(蓄財家)
                ・富を徐々に増やす
                ・入念に下調べをする
                ・ウォーレンバフェット「オマハの賢人」
                ・ポールアレン「偶然が生んだ億万長者」
                ・アキュムレーターの特徴
                ・アキュムレーターの戦略
                ・アキュムレーターの例

                第十一章 ロード(支配者)
                ・固定資産を活かす
                ・倹約し、注目に価値を置かない
                ・アンドリューカーネギー「鋼の男」
                ・ジョンDロックフェラー「史上初の億万長者」
                ・ロードの特徴
                ・ロードの戦略
                ・ロードの例

                第十二章 メカニック(開発者)
                ・根気があり、長持ちするものを作る
                ・システムを完璧にする
                ・レイクロック「ハンバーガーキング」
                ・マイケルデル「デル社から直送」
                ・メカニックの特徴
                ・メカニックの戦略
                ・メカニックの例

                おわりに

                | ムツタカ | 自己啓発本 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                『たった1分で人生が変わる 片づけの習慣』
                0
                  JUGEMテーマ:ビジネス書
                  JUGEMテーマ:ビジネス書評
                  JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本
                   
                  たった1分で人生が変わる 片づけの習慣
                  たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 小松 易

                  おすすめ平均
                  stars思い出の品処分
                  starsやる気が出ないときは,「片づけ」から始めてみる。
                  stars片づけは作業でもイベントでもなく
                  stars片付けは人間生活の基本だと感じました!
                  stars片付け本 最初の1冊ならば

                  Amazonで詳しく見る
                  by G-Tools


                  みなさん、こんばんは。
                  今週もついに明日で最後。今週末はいろいろと楽しいイベントが待ってます。



                  さて、久々に本を紹介したいと思います。

                  『たった1分で人生が変わる 片づけの習慣』


                  本日ご紹介する本はビジネス書ではない!
                  仕事に役立たないだろうと思われるかもしれません。


                  なにせテーマは「片付け」ですから。
                  ですが、片付けもやる、やらないでは日々の仕事に大きな影響を
                  与えると考えます。

                  昔部活動でこういうことを言われました。

                  「日々の生活がプレーに現れる」


                  これは仕事に置き換えて考えてみると

                  「日々の生活が仕事の出来に影響する」


                  ということではないでしょか。
                  生活の質の向上が仕事の質の向上につながる。
                  そう考えると片付け一つとってもバカにはできません。




                  本書はその「片付け」において
                  具体的なアドバイスを与えてくれます。


                  物が捨てられない方、

                  なかなか片付けをしようと思えない方、

                  片付けをしてもすぐ散らかってしまう方、


                  おススメの一冊だと思います。

                  私が本書で特に影響を受けたのは
                  「1日15分で1箇所片付ける」というポイントです。



                  これは私生活で自分の部屋にも当てはまるし、
                  仕事場でも自分のデスク、仕事のスケジュールなど

                  多くに当てはめて、実行できることでした。
                  本書を読んでさっそく、1箇所時間を決めて片付けをするということを
                  実行して、気分爽快です。



                  【なか見!検索有無】




                  【価格】
                  1,365円



                  【ページ数】
                  205ページ


                  【目次】


                  はじめに

                  Lesson1
                  人生が変わる! 「片づけ」のはかりしれないパワー

                  1「片づけ」とはものごとに「かたをつけ」「リセット」すること

                  2「何を捨て」「何を残すか」で人生は決まる

                  3片づけは、人生を変えるためのいちばん身近でシンプルな方法

                  4片づけができれば成功が自動的にやってくる

                  5準備されたところにチャンスはやってくる

                  6片づけないと「モノ」「スペース」「ヒト」が死んでしまう

                  7片づけ上手はまわりから愛される

                  8ものの気持ちを考えてあげればものが強い味方になる

                  9片づけをやらないで新しいことが入ってこないことこそ「もったいない」!

                  10モノが少ないほど、人生は豊かで幸せで充実する

                  11大切なことなのにおろそかにしがちな「片づけ」

                  ★コラム1 大切なものや思い出の上手な捨て方


                  Lesson2
                  意外と知らない 片づけの基本とコツ

                  12かたづけの第一歩は身近なところから

                  13挫折しない人の片づけ3つのポイント

                  14誰でもできる! 「片づけ」のキホン動作 出す→分ける→減らす→しまう

                  15片づけの「聖域」を作る

                  16「捨てる/捨てない」が一発でわかる魔法の判別法

                  17ものの「賞味期限」を考える

                  18保留箱を用意する

                  19棚や引き出しには余裕をもたせて「未来が入ってくる空間」をつくる

                  20収納スペースを増やしてはいけない

                  21社長を待たせてでも片づけを優先させる

                  22「しまう→押し込む→隠す→忘れる」という負のスパイラル

                  23「生かす」ことを前提にしてインプットする

                  24ものへの執着を断ち切り、流れを変える

                  25捨てる基準は「使える/使えない」ではなく「使う/使わない」

                  26書類整理の極意

                  27片づけのどの段階でつまずくのかを知っておく片づけの「前」「中」「後」

                  28片づけ8つの基本

                  ★コラム2 服がぜんぜん減っていかないあなたへ


                  Lesson3
                  もうリバウンド知らず! 片づけを習慣化する方法

                  29せっかく片づいた部屋が散らかってしまう5つの落とし穴

                  30ちょっとの乱れからすべてが崩れていく

                  31片づけは一気にやってはいけない

                  32片づけが習慣化すると人生がこんなに好転する

                  33「片づけをしないと気持ち悪い」という感覚を持つ

                  34毎日1分からはじめる「片づけの習慣」で人生は変わる

                  35毎日1分「キレイ維持ルール」で片づけリバウンドを阻止せよ

                  36片づけリバウンドを起こしやすい5つのタイプ

                  37定位置ルールのつくり方

                  38片づけをワクワク続けるための4つのヒント

                  39「意識」と「しくみ」の橋をかける

                  40 効果が目に見えるようにやる

                  41ものを出しっぱなしにしてしまう困った心理

                  42 「真逆の行動」を続けることで悪い習慣を変える

                  43片づけは周りの人に伝染する

                  44今日の片づけがあなたの10年後を変える

                  ★コラム3 本・マンガ・雑誌を減らすための3つの基準

                  おわりに

                  | ムツタカ | 自己啓発本 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』
                  0
                    JUGEMテーマ:ビジネス書
                    JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本
                     
                    これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
                    これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル Michael J. Sandel 鬼澤 忍

                    おすすめ平均
                    starsハーバード大学の人気講座聴講気分味わえるが、実際に聞けば多分もっと興奮する
                    starsこのような授業が行われることの凄さ
                    stars皆、哲学的議論に飢えていた
                    stars普遍的で万人に適用できる正義などない
                    starsこの本が何故日本で評判になるのか興味深い

                    Amazonで詳しく見る
                    by G-Tools


                    皆さん、こんばんは。
                    先週末はいかがでしたか?そろそろお盆ということもあり、
                    お休みを取って、どこか行かれましたか?

                    私は土曜日24時間千葉一周の旅に出かけてまいりました。
                    そこで見た、景色は絶景でした。
                    日曜は知人が企画するイベントに参加し、テーマが「語り」なので
                    たくさん将来のことについて語りました。

                    日曜のイベントのことは追って書くとして・・・
                    とてもいい週末でした。





                    さて、今週末、土曜の旅の最中
                    話題になったことがあります。
                    それは・・・



                    「悪」の起源はなにか?



                    という問いです。
                    そして、そこで持ち上がった本が今日ご紹介する本です。
                    旅の問いは本書のテーマと逆のテーマですが、


                    どこか通じるように思います。
                    私もビジネスに役立てるかはわかりませんが、
                    本書を読んでみたいと強く思いました。

                    本書の著者はハーバード大学の超人気哲学者であり、
                    著者の講義は史上最多の履修生数をほこるそうです。
                    知人はYoutubeで見ていたようです。


                    というのも、『ハーバード白熱教室』というNHK教育テレビにて放送されていた
                    内容だからです。


                    私は本書のように
                    今、なにもかも曖昧で通ってしまっている事の意味について
                    改めて考える必要があるのではないかと思います。

                    答えが出ないから、考えないのではなく

                    データとして裏づけできないから、扱わなくて良いのではなく

                    教育の一環として、ビジネスの一環として
                    倫理なきビジネスがないように、

                    倫理なき世が成立することはなく
                    事の意味を見失い、考えられなくなってしまったならば
                    そこには成長への限界が見えることになる。




                    それを防ぐために

                    今後を考えるために

                    今、考えてこなかったことを
                    また、改めて考えていく必要があると思います。
                    私もまだ、本書は読んでいませんが、
                    さっき、Amazonで注文したので、すぐに読んで
                    いろいろ考えてみたいと思います。

                    これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学



                    ちなみに、以下の書は本書のもとになった英語本です。
                    合わせて、ご紹介しますので、もし原文で読みたい方がいらっしゃいましたら
                    一読してみてください。






                    【なか見!検索有無】




                    【価格】
                    2,415円


                    【ページ数】
                    384ページ



                    【目次】

                    第1章 正しいことをする

                    第2章 最大幸福原理-功利主義

                    第3章 私は私のものか?-リバタリアニズム(自由至上主義)

                    第4章 雇われ助っ人-市場と倫理

                    第5章 重要なのは動機-イマヌエル・カント

                    第6章 平等をめぐる議論-ジョン・ロールズ

                    第7章 アフォーマティブ・アクションをめぐる論争

                    第8章 誰が何に値するか?-アリストテレス

                    第9章 たがいに負うものは何か?-忠誠のジレンマ

                    第10章 正義と共通善

                    | ムツタカ | 自己啓発本 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    『スラムダンク勝利学』
                    0
                      JUGEMテーマ:ビジネス書
                      JUGEMテーマ:ビジネス書評
                      JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本
                       
                      スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ)
                      スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ) 辻 秀一

                      集英社インターナショナル 2000-10-05
                      売り上げランキング : 1416

                      おすすめ平均 star
                      star絶賛する程ではない
                      starバスケを越えて、漫画を越えて、通用する心です。
                      starはいあがろう。いつか大きな財産になる。

                      Amazonで詳しく見る
                      by G-Tools


                      皆さん、こんばんは。
                      最近、更新ができていませんでしたが
                      やっとこさ、一冊読み終えました。

                      今回ご紹介する本はあの有名かつ人気のアニメにちなんだ
                      自己啓発本です。

                      本書を自己啓発本と称するのはその書き方にあります。
                      ビジネス書であれば、内容は確固たるデータや論証を基に
                      主張される本であるのに対し

                      自己啓発本の多くはスピリチュアル本のように
                      読み手の心情、感覚、主観に委ねるのが特徴的です。

                      本書も同様に
                      確固たるデータに基づいて話が展開されるわけではありません。
                      「〜だろう」「〜と思われる」といった表現が多いです。




                      しかし!
                      本書に学ぶ、勉強になる点がないかと言えば、違います!
                      目次を見ていただくと分かるかもしれませんが
                      私たちが日常で忘れがちな点を思い出させてくれます。

                      「自主的目標の設定」


                      「今を生きる」

                      「良いところを見る」


                      「不安、怒りの感情コントロール」


                      「行いはすべて自分に返ってくる」




                      私が今一度振り返り、学んだ項目です。
                      著者はスポーツドクターの傍ら、実際にバスケットもやってらっしゃるようで
                      「スラムダンク」を読みつつ、実際のプレイに当てはめて
                      感じたこと、現実に応用できる「習慣」を感じ取ったのでしょう。


                      話は全く難しいものではなく、
                      「スラムダンク」を読んだ、もしくは見たことのある方は
                      きっとおもしろく読めるでしょう。

                      私も本書を知ったのは以前アルバイト先の店長から
                      推奨されたことが始まりです。
                      そして、最近暇な時間にYoutubeで「スラムダンク」を見ているので
                      とても内容が入り易く、おもしろく、なるほど〜といった学びを感じることが
                      できました。


                      まだ読んだことがない方、
                      スラムダンクが好きな方、
                      ぜひ、一読ください!
                      そして、あのこみ上げる熱い感情をふたたび呼び起こしてみてください。


                      スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ)


                      【なか見!検索有無】



                      【価格】
                      1,050円


                      【ページ数】
                      181ページ


                      【著者情報】(辻秀一)
                      エミネクロス代表
                      日本体育協会公認スポーツドクター
                      日本医師会公認スポーツドクター・内科認定医

                      スポーツを文化としてとらえ、そのソシアルパフォーマンス性を
                      ドクターの立場から普及している。
                      『スポーツは医療である、教育である、芸術である、コミュニケーションである』
                      というコンセプトのもとあらゆる方々にそのスポーツのすばらしさを享受できるよう、
                      コーディネートあるいはナビゲートしている。
                      すなわち、スポーツ医学よりスポーツ人間学としてとらえ、活動している。




                      【目次】
                      根性は正しく使う

                      自主的な目標設定をしよう!

                      目標達成への鍵は、理解と覚悟だ

                      心技体を変化させる

                      “するべき事”をする

                      “今”に生きる!

                      必ず自分に返ってくる!

                      良いところを見る

                      “反省”と“確認”は違う!

                      目標に向かって“石”を置いていく〔ほか〕
                      | ムツタカ | 自己啓発本 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      『毎朝1分で人生は変わる』
                      0
                        JUGEMテーマ:ビジネス書評
                         
                        毎朝1分で人生は変わる
                        毎朝1分で人生は変わる
                        サンマーク出版 2008-07-03
                        売り上げランキング : 14195

                        おすすめ平均 star
                        star仕事や勉強に効く朝型生活
                        star内容があってないようなもの
                        star前向きに人生を送るための小さな「種まき」

                        Amazonで詳しく見る
                        by G-Tools



                        皆さん、おはようございます。
                        今日は新しい趣味を身につけるべく、お出掛けして参ります。



                        さてさて
                        今日ご紹介させていただく本は評価はあまり高くないですが
                        私にとって興味深いフレーズがあり、最近は朝活ブームか!?と
                        思われる本だったので、思わず目に留まりました。


                        「毎日1分で人生は変わる」




                        以前、朝活の本をご紹介しました。
                        朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!)


                        当サイトを見てくださる方のアクセス数も朝活の本が人気のようです。

                        朝は夜より効率的に仕事が進み、勉強するなら朝にするのが
                        一番良いと言われていますから、朝活は良い習慣です。



                        本書は毎日1分で人生は変わるというタイトルですが
                        内容には朝活に向けられたアイデアが記載されています。



                        その中で特に私の中で響いた言葉があります!!

                        「One Book  Three Points  One Action」


                        これはビジネス書を読む人にはジャストミートに響く言葉ではないでしょうか?

                        「一つの本の中に最低3つのポイント(気になった点)を見つけ、1つは行動に起こそう!」


                        というメッセージが込められています。
                        この言葉が言うように、ビジネス書は読むだけではそのうち忘れてしまい
                        意味がなくなってしまいます。


                        私の先輩が以下のようなことを言っていました。

                        「経験=体験×客観」


                        つまり、体験(本を読む)ことがそのまま経験にはならないということ!
                        経験として蓄積するには客観が必要で、客観するためには実際に行動しなければ
                        しっかりとした客観ができないということです。


                        まずAction!!!


                        ある企業では

                        「学び→気づき→行動する」をサイクル形式で実施することが重要だと
                        方針で掲げている企業もあります。




                        なにより行動の重要性が本書で実際に感じられるでしょう。
                        ビジネス書から3つのポイントをつかみ、1つ行動するようにすると
                        おそらくかなりの力が養えると思いました!!!


                        毎朝1分で人生は変わる



                        【なか見!検索有無】

                        あり


                        【価格】
                        1,470円


                        【ページ数】
                        224ページ


                        【著者情報】
                        シナジープラス株式会社代表取締役。早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションを経て、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役(共同代表)に就任。

                        学生、社会人向けのキャリアデザインスクールの代表を務める。TOEFL/TOEICスコアアップのコーチングスクールを設立。2004年より、米国コロンビア大学教育大学院にて、多文化多言語教育を研究。大学院での研究の傍ら、北中米各地で催眠療法、神経言語プログラミング(NLP)などを学ぶ。

                        2006年、シナジープラス株式会社設立。英会話スクール、通信教育、英語習得セミナー、NLPセミナーなどを展開中。これまで指導した受講生・クライアントは3000人を超える。加速学習、NLPなどの心理学、そしてマクロビオティックなどの健康法をベースにしたコーチングや英語学習指導は、「脳・心・体をベストコンディションにする」アプローチとして支持されている。


                        【目次】
                        第1章 毎朝の小さな変化で1日は変わる―change

                        第2章 毎日少しずつよい自分になるための小さな冒険―challenge

                        第3章 お気に入りの自分を生きていますか―continue

                        第4章 「書く」習慣で人生を深めよう―write

                        | ムツタカ | 自己啓発本 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                         行政書士のオススメ通信講座
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << August 2018 >>

                        bolg index このページの先頭へ