blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
<< 『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』 | main | 『しばらくお休み』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『語った数だけ・・・』
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       

      皆さん、こんばんは。
      私は今日かなり忙しい日を過ごしました。
      入社以来初めての忙しさかもしれませんね。
      でも、自分の限界値はこんなものじゃないので、これから
      どんどん成長して、アッと言わせたいです!




      さて、話は変わりまして、
      先日参加した企画のフィードバックをしたいと思います。


      企画主旨は「語り」
      そして、今回のテーマは「理想の将来について」です。


      みんな起業を意識していたり、留学を意識していたり、
      今のまま、のほほんと過ごしたいという人はいませんでした。
      みんななにかしら今とは違う行動をしたいと思っていたようです。


      参加人数は14人。
      約2時間の語り合いでした。








      自分も将来について、最近よく考えます。
      今のまま過ごすつもりはなく、時期が来たら
      新境地へ移る予定です。
      それは、今の会社を入社する理由でもあります。

      自分のやることはすでに決まっています。
      ただ、それを実行すべきか、また、どう実行するのかを
      来る時期までに調べ、考え、行動したいと思っています。





      今回、「語り」企画で学んだこと。
      それは「語る」ということが夢へ近づく特効薬的役割を果たすということです。
      夢を現実化するためには自分の中で考えを留めておいてはいけないのです。


      それは、自分の中はとても優しい環境下にあるからです。
      もし、他人に自分の夢について話す時は

      「笑われるかな・・・?」

      「ん〜うまく話せないな・・・?」

      「絶対反対される・・?」



      そんなことを思ってしまいます。
      しかし、それは一つ気づきなのです。

      笑われるとか、反対されるということに怯えて
      自分の主張を貫き通せないということは

      そこには欠けているものがあるということです。

      「自信」

      「計画性」

      「内容の密度」

      「現実性」


      などなど



      欠けているものがあれば、もちろん夢の実現は難しい。
      しかも、上記に挙げたことは夢の考えの骨格とも言える事項。


      付け加えながら事業を進めるのも良いですが
      その前に骨格は整っていないと、事業はすぐ崩れてしまいます。






      「語り」はそういう面を改めて気づかせてくれ、
      気づきから学び、調べ、考え、補填していけば

      それは夢の密度は上がり、つまりは実現に一つ近づいたことを意味します。
      ゆえに、「語り」が夢実現にいかに重要な要素かがお分かりいただけましたでしょうか?





      「語り」の数だけ

      実現率は高まる





      私は今回の参加で大きな学びを得ました。
      | ムツタカ | フィードバック | 20:26 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:26 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        http://busibook.jugem.jp/trackback/124
        特にビジネス書好き
        友達とも本の情報交換みたいなことをしてます
        | Hi!RaiRai | 2010/08/13 8:32 PM |
         行政書士のオススメ通信講座
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        bolg index このページの先頭へ