blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
<< 『ビジネス書 Back Number 3』 | main | 『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『インフォメーション&インテリジェンス』
    0
      JUGEMテーマ:ビジネス書
      JUGEMテーマ:今日のキーワード


      皆さん、おはようございます。
      今日もいい天気で気分がいいですね。
      平日溜まった疲れをこの休日で癒したいですね。



      さて、今日はある問題を出したいと思います!
      今日のタイトルを踏まえて、ぜひ「考えて」ください。



      ============================
      【問題】

      あなたの目の前に3m60cmの丸太があります。
      これを端から45cmずつ切っていきます。

      一回切るのにあなたは2分50秒かかります。
      また、切った後は3分の休憩をはさみます。

      切った45cmの丸太は今夜のキャンプファイヤー用の薪として
      使用します。そのため、遅くとも30分までに切り終える必要があります。



      さて、あなたは丸太を何回切りますか?


      ============================
      (※当問題はNHK「テストの花道」で出された問題を参考にしています)



      どうでしょう?解けましたか?
      問題はかなり簡単だと思います。
      この問題を解く意味あるのか?と思われるかもしれませんが、
      その答えの鍵は問題前にお伝えした「考える」というところにあります。


      普通、問題を出された場合、「考える」ではなく「解く」ですよね。
      しかも、赤字で書かれている・・・


      そう!この問題は「答え」を導くより、
      答えを導くに至ったプロセスが重要になります。




      問題を最初から最後まで読まれた方は
      「?」と思ったでしょう。
      問題文には「長さ」や「時間」など多くの情報が書かれているにもかかわらず、
      求められている解答は「何回切る?」だったのですから。


      つまり、「時間」は回答を導くにあたって不要な情報だったのです。
      答えを導くのに必要な情報はたったの二つ!


       孱械蹌僑娃磽蹇

      ◆孱苅毅磽蹐困沈擇襦



      これだけだったのです。

      冒頭で「解く」ではなく、「考えて」と伝えたのは、
      「なにを求められて」 → 「そのための情報はなにか」を
      考える必要があったということです。

      莫大な情報から必要な情報のみをキャッチして使用することを
      「インテリジェンス」と言います。

      逆に不要、必要すべて混ざった莫大な情報を
      「インフォメーション」と言います。



      同じ情報だが、
      活かし方の違いによって、ネーミングと重要性が大きく変わります。

      社会人は常に「必要な情報」のみを必要とします。
      それは単純に時間が限られているからという理由もあります。

      上司に報告する際も
      だらだらと情報を伝えるのではなく、上司がなにを知りたいか考え、
      それに対する必要な情報のみを伝える必要があります。

      そうしなければ、なにを言いたいのか、なにを伝えているのか
      聞き手としては正直分かりづらいのです。
      問題文を読んで違和感を感じませんでしたか?
      また、この問題文はなんなんだ!?と思いませんでしたか?


      文の大半は不要な情報だったからです。




      社会人にとって、
      この「インテリジェンス」という概念、活用方法は必須と言っても過言ではないでしょう。
      ぜひ、この機会にインテリジェンスができる社会人を目指してみてはいかがでしょうか。
      以下、インテリジェンスで基礎的な部分が学べ、導入本として良いと感じた
      本を紹介します。


      【インテリジェンスについて学べるビジネス書】 

      インテリジェンス入門―利益を実現する知識の創造
      インテリジェンス入門―利益を実現する知識の創造 北岡 元

      おすすめ平均
      stars頭が良い人のひみつ
      stars「初めにリクワイヤメントありき」、そして「最後はカスタマの利益ありき」
      starsインテリジェンス理論の格好の入門書
      stars初めにリクワイアメントありき
      stars「インテリジェンス・サイクル」っていう考え方がわかる!

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools

      仕事に役立つインテリジェンス (PHP新書)
      仕事に役立つインテリジェンス (PHP新書) 北岡 元

      おすすめ平均
      stars面白くてこれだけでも役立ちそうですが、結構物足りない
      stars経験がないのなら、別のやり方で。
      stars堅いタイトルに惑わされてしまったかな
      stars「印象」の落とし穴
      stars調べものや考えごとで"落とし穴"を避ける

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools



      ビジネス・インテリジェンス―未来を予想するシナリオ分析の技法
      ビジネス・インテリジェンス―未来を予想するシナリオ分析の技法 北岡 元

      おすすめ平均
      starsおおお!
      stars切れ味がもうひとつ
      starsビジネスにおけるインテリジェンスの重要性
      stars読みやすい良書
      starsCI-競合インテリジェンスとは何jか?

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools


      意思決定を支えるビジネスインテリジェンス―企業情報を見える化する実践的アプローチ
      意思決定を支えるビジネスインテリジェンス―企業情報を見える化する実践的アプローチ エリザベス ビット ステイシア ミズナー マイケル ルーコヴィッチ Elizabeth Vitt

      おすすめ平均
      starsBIの基本が学べると思います。

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools






      ぜひ、読んでみて、インテリジェンスについて調べてみてください。

      ちなみに問題の解答は


      「7回」

      でした。
      | ムツタカ | 学び・気づき | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 09:50 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        http://busibook.jugem.jp/trackback/169
         行政書士のオススメ通信講座
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        bolg index このページの先頭へ