blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
<< 『インフォメーション&インテリジェンス』 | main | 『ゆとりのない時間が自分を磨く』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン』
    0
      JUGEMテーマ:ビジネス書評
      JUGEMテーマ:ビジネス書
      JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本
      金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン
      金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン ロバート キヨサキ シャロン レクター

      おすすめ平均
      stars教える本ではなく考えさせる本
      starsいんちき
      stars回りくどいが、とても重要
      stars投資に対する基本的スタンスを身につけているか?
      stars初心者にとっては、明らかに難解だ。が、実際に投資をはじめて改め読み返してみると

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools



      皆さん、こんばんは。
      土日が休日の方は今週充実してましたでしょうか。
      私は久しぶりにのんびりした日を過ごしました。



      さて、最近なかなか本が読み終わらなく、
      紹介できる本が少なかったですが、
      やっとご紹介できます。


      金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン」


      以前、「金持ち父さん 貧乏父さん」という本を
      ご紹介しました。
      そこで大きく学んだことの一つに


      「お金」のことを考える

      「お金」に働いてもらう



      という2点がありました。
      いままで「お金」については使ってはいましたが、
      お金とはなに?と聞かれて、はっきり「お金とはこういうものだ!!」と
      答えることができないでいました。

      賛否両論ある「金持ち父さん 貧乏父さん」ですが、
      私はとても影響を与えられました。




      今回ご紹介する本はそのシリーズ作。
      「金持ち父さん 貧乏父さん」への批評として他の方が挙げていたのは


      「つらつら論じているが、現実的ではない」

      「具体的でない」


      といったものがありました。
      それはその通りでした。もちろん著者もシリーズ第一作は
      具体策を伝えるのではなく、まずは「お金とは?」を考えてもらいという
      メッセージのもと執筆された本だったからです。




      今回の「投資ガイド入門編」では
      ついにその具体的アドバイスが書かれています。
      私がここで強く印象に残ったメッセージは


      ============================

      資産とは

      収入をもたらすものをいう。
      たとえ貸借対照表で資産として計上されていても
      それが損益計算書で支出の部に計上されることが多いのであれば
      それは負債なのである

      ============================

      ============================

      お金の関しては

      「卵がかえる前に鶏を数えるな」

      ============================


      この2点に強い衝撃を感じました。

      一つ目で言えば、「持ち家」がいい例です。
      「家」は貸借対照表では固定資産として計上されるでしょう。
      ゆえに「家」は資産であると答える人が多いと思います。

      しかし、損益計算書を見ると「家」を持ったことによる収入、支出を見ると
      ほとんど、もしかしたらすべて支出の部に入る項目が出てくると思います。

      住宅ローン

      水道代

      光熱費

      保険

      固定資産税 など


      逆に「家」を持ったことによって、どのような収入が得られるでしょうか?
      借家とすれば家賃収入が入りますが、普通に住んでいては
      収入はありません。

      これは著者に言わせれば「資産」ではなく、「負債」つまり、お金が出ていくことになる
      ということです。


      普通はこのような考え方をしないので、資産を持っている、それが豪邸であれば
      お金持ちだと勘違いしがちですが、どうも違うようです。





      2つ目に限りは、本書を最初から読んでみてください。
      「お金は卵がかえる前に鶏を数えるな」という言葉は終盤で出てきますが、
      初めから読み、考え方を理解していないとこの言葉の真意が見えてこないと思います。






      Amazonレビューには「いんちき」という批評もありましたが、
      本書はあくまで考え方を身につけるものとして読んだ方が良いということです。
      時代背景も国も運も違います。
      当然育った環境も違いますから、本書の言うとおりにして同じような結果になるわけがありません。

      そもそもそんな本があったら、みんなお金持ちになってしましますよね。
      私は「いんちき」という批評に対しては
      この本の読み方を考えてくださいという、分かり易いレビューだと思いました。




      考えずして、なにも行動はできない。
      マネだけで成功はありえない。


      本書を読む際は勘違いをせず、正確にメッセージを読み取ってほしいと思います。


      金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン




      【なか見検索有無】




      【価格】
      1,680円


      【ページ数】
      288ページ



      【目次】
      第1ステージ 投資家になる心構えはできているか?

       第一章 何に投資したらいいのでしょう?

       第二章 しっかりした土台を築く

       第三章 金持ち父さんの十六の投資家レッスン

       第四章 九十対十の謎とは何か?


      ※第2ステージ、第3ステージ、第4ステージ、第5ステージは別書「上級編」をご覧ください
      | ムツタカ | ビジネス書 | 20:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - | - | - |
        コメント
        とても魅力的な記事でした!!
        また遊びに来ます!!
        ありがとうございます。。
        | 株の初心者の入門 | 2011/11/27 11:45 AM |
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        http://busibook.jugem.jp/trackback/170
         行政書士のオススメ通信講座
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        bolg index このページの先頭へ