blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
<< 『朝活の思わぬメリット』 | main | 『注意力と行動力の反比例という現象』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』
    0
      JUGEMテーマ:ビジネス書評
       
      お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
      お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書) 勝間 和代

      光文社 2007-11-16
      売り上げランキング : 2528


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools



      皆さん、こんばんは。

      今日は勝間さんが著者の本をご紹介します。

      本書のテーマは「金融リテラシー」です。



      皆さんは一生懸命働いた対価、つまり給料を
      銀行に振り込んでもらってますよね。

      それをどうしていますか?

      銀行に預けたままで、

      給料を得る → 引き出す → 消費


      この流れのみになっていませんか?
      つまり、銀行にあなたの資産を預けたままではないですか?



      本書はそんな問いかけから始まります。
      銀行にお金を預けるというのは一種の投資活動になります。

      ほぼ0に等しいですが、
      極わずかの利率がありますよね。

      特別投資活動とは思っていないかもしれませんが、
      実は投資活動を行っているのです。

      私たち ⇔ 銀行 ⇔ 企業


      この構図はご存知だと思います。
      私たちは銀行を通じて、銀行にお金を預けて、
      銀行がそれを資金に企業へ融資します。

      銀行は企業に融資した金額を回収し、
      融資した分の利率分、利ざや分を収益として
      得ます。

      そして、そのうち、かなり小さい割合分を
      私たちに還元するのですが、
      それはほぼ期待できない額。


      金融リテラシーを持ち合わせていないと
      実は投資活動をしているが、そのリターンはかなり少ないものに
      投資していることに気づかず、知らず知らずに
      投資による収入の機会を失っていることになるのです。


      本書のタイトルは、タイトルのみを見ると過激ですが、
      中身を読んでみると、銀行に預けたままであることが
      人生にとってどんなにリスクなことか、思い知らされます。



      「金持ち父さん、貧乏父さん」でも話に出てきましたが、



      『お金に働いてもらう』




      これを勝間さんも同じようにおっしゃっています。

      しかし、お金に働いてもらうにはどうしたらいいのだろうか。

      それを知るのに「金融リテラシー」が最低限必要なのです。

      その導入部分を勝間さんが分かり易く説明してくれます。
      本書は勝間さんの的確な指摘と分かり易い具体例により、
      納得し易く、分かり易く、かつ実践的に使える方法を教えてくれることが

      素晴らしいところです。

      例えば、こちら ↓
      リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
      リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫) ピーター バーンスタイン Peter L. Bernstein

      日本経済新聞社 2001-08
      売り上げランキング : 5368


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
      リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
      リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫) ピーター バーンスタイン Peter L. Bernstein

      日本経済新聞社 2001-08
      売り上げランキング : 5672


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
      投資4つの黄金則
      投資4つの黄金則 ウィリアム・バーンスタイン

      ソフトバンククリエイティブ 2003-08-30
      売り上げランキング : 97675


      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools





      これらは本は勝間さんが金融リテラシーを身に付け、
      勉強するのにおススメしている本です。

      また、その他にも投資についてネットで調べたいという向けに
      紹介するサイトも書かれています。


      本当に導入的考えから、実践的に勉強するための入り口誘導まで
      行ってくださいます。


      本書は
      お金が理由で行動範囲が決定付けられるのは絶対したくないと思われる方、

      お金をもっと稼ぎたい方、

      投資は興味があるけど、なにから勉強すれば分からない方、

      投資についてマイナスイメージをお持ちの方、

      そんな方々に特におススメです。
      ぜひ、一読ください。




      【なか見!検索】




      【価格】
      735円



      【ページ数】
      230ページ



      【目次】

      第1章 金融リテラシーの必要性
      金融リテラシーとは/日本の家計における“リスク資産”の割合/ワークライフバランスのために/日本人は本当にリスク回避型なのか?/リスクを取らないのはなぜか?/金融リテラシーの能力とは/金融リテラシーが低い理由/金融リテラシーの基本原則/自分の資産がどんどん減る/お金をコントロールする

      第2章 金融商品別の視点
      分散投資(アセット・アロケーション)を理解する/見かけ上のリスクと本当のリスク/「ためらい」が儲けの源泉
      金融商品の視点
      【定期預金と国債】…円建ての金利商品を比較する
      【株式】…プロが得して個人が損する
      【為替】…お金を外国に預ければ儲かるのか
      【不動産 ―斬陝曄銚朕佑濃つ最も大きな金融商品
      【不動産◆REIT(不動産投資信託)】…主力の金融商品になる可能性
      【投資信託】…万人にオススメの金融商品
      【生命保険】…住宅に次ぐ大きな金融商品
      【コモディティ(商品)】…21世紀の注目商品
      【デリバティブ】…先物・オプションの基礎知識

      第3章 実践
      円高と円安、どっちがどっち?/「じゃんけん理論」と「チャート分析」/金融でしっかり儲ける方法の基本5原則
      金融リテラシーを身につけるための10のステップ
      ステップ .螢好資産への投資の意思を固める
      ステップ◆.螢好資産に投資をする予算とゴールを決める
      ステップ 証券会社に口座を開く
      ステップぁ.ぅ鵐妊奪ス型の投資信託の積み立て投資を始める
      ステップァ/凜月から半年、「ながら勉強」で基礎を固める
      ステップΑ.棔璽淵垢入ったら、アクティブ型の投資信託にチャレンジ
      ステップА.螢好マネジメントを学ぶ
      ステップ─.螢拭璽鵑安定したら、投資信託以外の商品にチャレンジ
      ステップ 応用的な勉強に少しずつチャレンジ
      ステップ 金融資産構成のリバランスの習慣をつける
      投資原始の生み出し方

      第4章 金融を通じた社会責任の遂行
      資本主義の二つのほころび/「小さな政府」路線の結果/金融リテラシーがないと、自分の身をまもれなくなってきた/社会的責任投資の発展/金融の生涯教育に向けて
      おわりに


      参考文献

      | ムツタカ | ビジネス書 | 22:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - | - | - |
        コメント
        とても魅力的な記事でした!!
        また遊びに来ます!!
        ありがとうございます。。
        | 履歴書の基本 | 2012/01/06 11:58 AM |
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        http://busibook.jugem.jp/trackback/190
         行政書士のオススメ通信講座
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        bolg index このページの先頭へ