blog index

ビジネス書.jp

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
ビジネス書、自己啓発本、キャリア形成に役立つ情報などを紹介している『ビジネス書.jp』
書評やビジネス情報提供などを随時行っていきます。今後もよろしくお願いします。
<< 夢は一日10回語れ! | main | 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    『今春入社のゆとり第1世代』
    0
      JUGEMテーマ:今日のキーワード
       

      今日の日経新聞で一際目についた記事が
      タイトルに書いた「今春入社のゆとり第1世代」


      今年の新入社員はどのような人が多いのでしょうか。
      記事ではゆとり世代の特徴を踏まえて
      育成スタイルも考慮している会社が過半数を占めているそうです。


      ただし、私はこのメディアの暴走に一言物申したい気持ちです。
      ゆとり第1世代を社会人として問題視する傾向にありますが
      ゆとり世代に限った問題ではないように思います。
      どの世代にもいそうな特徴を特別ゆとり世代の特徴としている点が

      真としない現実を報道していると思います。


      調査方法も明らかに不適格。
      今春入社の多数はゆとり第1世代かもしれませんが
      しかし、院卒者や浪人者など、ゆとり第1世代に当てはまらない人も
      多くいると思います。


      その中で一つ一つのゆとり世代の特徴コメントは
      いったい誰を思って答えているのでしょうか。
      もし、回答者が考える人が新入社員でも、浪人者であれば
      それはゆとり第1世代ではありません。

      しかし、それを抜きにして全般的にゆとり第1世代として
      報道し、今春入社の者たちを捉えている。




      これはメディア報道の真なる報道ではありません。
      実態をつかまず、ゆえの情報発信によって
      人の印象、考え、方針などに影響を与え、
      コミュニケーションに歪みが生じることがあれば、
      逆にメディア側が問題です。



      真の対象が捉えづらくなる中
      いかに情報を選別していくかはこれからの課題でしょう。
      | ムツタカ | ニュース | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:58 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする


        この記事のトラックバックURL
        http://busibook.jugem.jp/trackback/87
         行政書士のオススメ通信講座
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        bolg index このページの先頭へ